立命館知能情報学科からのお知らせ

本学科のチームがIEEE CIG 2011ゲームAI大会の数部門にて優勝などの好業績

2011年 09月 05日

■本学科知能エンターテインメント研究室所属のチームがIEEE CIG 2011(2011年8月31日〜9月3日)で実施された2K BotPrize 2011大会にて優勝、同大会の自動ジャッジ部門で1位、スクリーンキャプチャMs. Pacman大会にて2位、Ms. Pacman 対 Ghost Team大会のパックマン分門で3位の業績を収めました。
------------------------------------------

■本学科の知能エンターテインメント研究室所属の、大学院1回生の佐藤君と村上君、大学院2回生の小島君、学部4回生の楠本君及びRuck教授の5名からなるチーム(ICE CIG-2011)がソウルにて開催された2K BotPrize 2011大会において優勝しました。

2K BotPrize大会はゲーム内のボット(コンピュータにより制御されるキャラクタ)の人間らしさを競いあう(チューリング・テスト)ことを目的としています。同大会には、人間かボットを自動的に判断する部門(自動ジャッジ部門)があるが、この部門でも1位となりました。

■また、大学院1回生の三山君と山田さん、学部4回生の奥西さん、大学院2回生の芦田君、及びRuck教授の5名からなるチーム(ICE Pambush 5)がスクリーンキャプチャMs. Pacman大会において2位を獲得しました。

同大会はMs. Pacmanを自動的に制御するソフトウェアエージェントを作成し、得点を他のパックマンのチームと競いあうことを目的としています。

■さらに、学部4回生の中村君とKien君及びRuck教授の3名からなるチーム(ICE pAmbush CIG11)がMs. Pacman vs Ghost Team大会におけるパックマン部門で3位(ただし、大学チームの中では1位)となりました。

同大会は、スクリーンキャプチャ大会と同様にMs. Pacmanを自動的に制御するソフトウェアエージェントを作成し、得点を競いあうことを目的としているが、ゴーストはゴースト部門に参加したチームが作成したものとなります。

------------------------------------------
■関連ページ:

■BotPrize表彰式:
表彰式の画像

■BotPrize Trophy:
2K BotPrize 2011 Trophy
------------------------------------------

閉じる